О Новосибирском
регионе

メリット

ロシア最大の輸送および物流拠点

ノボシビルスク州はシベリアの主要地域です。ここに300万人弱が居住し、700㎞圏内には1,300万人が住んでいます。これはシベリアと極東ロシアの人口のほぼ半分に相当します。

ユーラシア大陸の中心に位置し輸送インフラが充実しているため、ノボシビルスク州はロシア最大の輸送拠点となっています。最大規模の鉄道、道路、空路、河川ルートがここで交差します。ノボシビルスクは、シベリア、極東ロシア、中央アジアおよびロシアのヨーロッパ地域の中継点です。

この地域の人口は280万人

交通インフラ

ノボシビルスク国際空港(トルマチョーヴォ)は、ウラルを超えてヨーロッパ — アジア間を結ぶ最も重要な航空交差点です。ロシアと世界の70以上の都市との間に定期便を持ちます。

ノボシビルスク国際空港(トルマチョーヴォ)は、ウラルを超えてヨーロッパ

1,800名

国内線では一時間に

1,300名

国際線では一時間に

2

本の滑走路

鉄道交通

西シベリア鉄道のノボシビルスク部門が管轄する鉄道の長さは
1 530
km

道路交通

28,155㎞

道路網の長さは

796㎞

国道は

12,746㎞

州道は

高レベルの多様性をもつ強い経済


ノボシビルスク州の経済構造はシベリアでは特異なものです。その特徴は、多様性と大規模なイノベーションのポテンシャルです。この地域の経済成長の原動力は、ハイテク技術開発を基盤にした工業メーカー、建設業、不動産市場、科学、交通、通信情報技術、商業です。

2017年:
1兆1,133億ルーブル — 2017年のノボシビルスク州の総生産額

103% — 2017年の鉱工業生産指数(前年比)

42億米ドルノボシビルスク州における貿易売上総額 

経済成長のおかげで、事業活動の増加、公共設備、輸送、インフラ開発の増加など、好ましいビジネス環境が作り出されています。
 

ロシアのハイテクセンター

75%

ロシアの医療用診断ツールの

~90%

仮想ホスト用ソフトウエアの

60%

ロシアの医療用X線装置の

~90%

液体クロマトグラフィー用機器の


 

175
億ルーブル 

2017年のノボシビルスク州の企業および組織の固定資産に対する投資 

機械、設備、車両、製造および家庭製品の - 30.9%

住宅建設の - 31.9%

建物(住宅を除く)および施設の建設の - 31.2% 

その他固定投資の - 6%
 

世界レベルの科学、教育、イノベーションセンター

ノボシビルスクにおける科学者の人口比は全国の2.2倍です

ロシア東部最大の科学拠点である、科学アカデミーシベリア支部の創設により、生産および科学的基盤が作られ、それにより、ノボシビルスクの科学技術複合体はロシアで3位に位置付けられています。
ノボシビルスク州には、52の国立学術機関、79の各分野の研究機関、100以上の大企業、1,700の中小企業が科学研究にかかわり、研究成果を商品化しています。

38の高等教育機関で10万3,000人の学生がほぼすべての専門分野で教育を受けており、ノボシビルスクには国の様々な地域から才能と意欲のある若者が集まっています。学生の60%以上が他の都市から。 

「経済高等学校」による「ロシアの地域のイノベーション指数」において、ノボシビルスク州は一貫して、ロシアの自治体ランキングのトップグループ、および「強力なイノベーター」のグループに含まれています。
 

パークインフラ整備

ノボシビルスク州では、テクノパーク(アカデムゴロドーク)や、工業物流パーク、医療産業パークなどのパークプロジェクトが強力に進められています。

ノボシビルスク州工業物流パーク

シベリア最大の工業団地
当パークには、投資家に必要な、エンジニアリングと交通輸送インフラがあります。現在、工業物流パークでは21社が事業を行っています。
 

ノボシビルスクのテクノパーク「アカデムゴロドーク」

ロシアで最も効率の高いテクノパーク
2015年、連邦当局はアカデムゴロドークを国内で最も効率的なテクノパークとして認めました。今日、アカデムゴロドークには、機器製造、情報技術、バイオテクノロジー、バイオ医薬品、ナノテクノロジー、新材料等の300以上の企業が駐留しています。
 

学園都市コリツォヴォのバイオテクノパーク

世界レベルの能力
バイオテクノパークには、バイオテクノロジー開発やバイオ医薬品企業が必要とする全てのエンジニアリングとイノベーションの基盤が整っています。テクノパークの共同利用センターは、居住企業に研究・試験装置とともに国際規格認定のクリーンルームを提供しています。 
 

Медицинский технопарк Новосибирской области

Первый в России медицинский технопарк 

В структуре Медицинского технопарка (ИМТЦ) представлена вся необходимая инфраструктура для развития инновационных медицинских технологий. Элементы комплекса позволят инновационной медицинской компании пройти весь путь от превращения ее научной идеи в конкурентоспособную медицинскую продукцию или услугу. ИМТЦ включает в себя лабораторную, исследовательскую, клиническую, диагностическую, лечебную, реабилитационную базы.

ノボシビルスク州医療産業パーク

医療分野において、連符政府が参加するロシア初のPPPプロジェクト

医療産業パークは、循環器欠陥、臨床医療でのイノベーション製品など、医療保健分野の重要な問題を解決します。イノベーションプロジェクトの開発および導入過程に、国の科学研究機関が参加することにより、課題解決が図られます。
 

Индустриальный парк "Новосиб"

От оборонного предприятия к индустриальному парку

Частный индустриальный парк типа brownfield. Создан на базе оборонного предприятия, ведущего свою историю с 1939 года. В 2015 году стал первым в России частным индустриальным парком, получившим  сертификат соответствия Национальному стандарту Российской Федерации ГОСТ Р 56301 – 2014 "Индустриальные парки. Требования". Якорный резидент - Новосибирский патронный завод. Сегодня в парке около 150 резидентов, создано 3,5 тыс. рабочих мест. Управляющая компания парка - ООО "Новая лизинговая компания". 

Индустриальный парк «Экран»

Территория промышленного развития

Частный индустриальный парк типа brownfield. Предназначен для размещения производственных предприятий в промышленной части Новосибирска. Создан в 2016 году на территории АО "Завод "Экран". В этом же году получил сертификат соответствия Национальному стандарту Российской Федерации ГОСТ Р 56301 – 2014 "Индустриальные парки. Требования". В настоящее время на площадке осуществляют деятельность 203 юридических лица, из них 4 - в статусе резидентов.

Оставьте заявку

Ваше имя*

Телефон

E-mail*

Комментарий